大阪と福岡の風俗比較

大阪と福岡の風俗業種を比較した場合
みえてくるのがホテルヘルスの違いである。
まず大阪の風俗を詳しく業種別にみていくと、
ホテルヘルスとデリバリーヘルスが圧倒的に多い。
さらに大阪にはソープランドはなく
ファッションヘルスが数店舗存在している。
もともと大阪といえばファッションヘルスのメッカであったが、
法改定によりファッションヘルス営業を続けることができなくなった。
その代わりとして生まれたのがホテルヘルスである。
また福岡の風俗はホテルヘルスが1店舗しかなく、
ソープ、ファッションヘルス、デリヘルで形成されている。
ではホテルヘルスが風俗に影響を与える役割はどうだろう。
その鍵を握るにはデリヘルだ。
大阪のデリヘルは接客やサービスが良いことで有名だ。
大阪は商人の町という由来のとおり、
客のもてなし上手な商売上手な気質もあるが、
デリヘルの接客が悪いといわれる福岡との圧倒的な違いは、
大阪のデリヘルには講習の文化が少なからず存在するということだ。
ちなみに風俗の講習とは、店側が女性に性的サービスや接客を教えることである。
ここで大阪の風俗業種をもう一度思い出してほしい。
大阪にはホテルヘルスが多かったわけだが、
ソープやファッションヘルスで働くスタッフも
またデリヘルで働くスタッフたちもホテルヘルスに流れてくる。
ソープやファッションヘルスは講習の文化が根強いため
そこからホテルヘルスへと流れたスタッフから
必然的に講習の文化も一緒に流れてくる。
そして最後はデリヘルにも流れ込んでくるのである。
福岡にはホテルヘルスが1店舗しかないため、
ソープやファッションヘルスとデリヘルの架け橋となるホテルヘルスがない。
だから福岡のデリヘルには講習の文化がなくサービスや接客も悪いのである。